Fや中小企業診断士ってどんな資格?

みなさんは、FPや中小企業診断士を知っていますか? 簿記の能力を身に付けている人にとっては「管理」「診断」という職種とは非常に相性が良いといえるのです。
経理自体、会社の経済を管理、分析、診断する仕事で、簿記検定試験に合格した人は、そういう仕事を目指していくことが、必然的にたくさんになるのです。
そして、さらに「管理」「診断」に関する知識を極めていくのなら、その内容に特化した「FP」や「中小企業診断士」といった資格を得ることをおすすめするのです。
FPは「ファイナンシャルプランナー」「フィナンシャルプランナー」と呼ばれる職種なのです。
特に、個人に対して、つまり家計に対しての助言を行う場合が多くて、個人の支出に対しての管理、分析というものが重要となる職業なのです。
それに対して、中小企業診断士は企業向けのFP。
主に、中小企業を相手に、マネジメント、経営、管理という分野に対しての適切なアドバイスを行う仕事のことです。
国家資格で、取得の難易度は高いのですが、非常に重宝される資格で、職業になります。
簿記検定試験の最上級で合格後は、これらの資格を目標にすると良いですよね。