アイフルが移送申しててを申請する理由とは

アイフルへの過払い請求も全盛期に比べるとだいぶ落ち着きました。
過払い請求を認める判決が出たのをきっかけに、今までアイフルを利用していた顧客がこぞって過払い請求を始めたので、大きな痛手になりました。
結果アイフルは3000億を超える負債を背負い、何とか事業を存続させるために様々な施策を行いました。
その一つが移送申立てです。
移送申立てとは、平たく言えば、裁判所を変えて欲しいという申請です。
裁判所を変えたからと言って、判決が変わることが期待できるわけではありません。
判決自体については、特にメリットがないのですが、それでもアイフルは移送申立てを頻繁に申請しました。
移送申立てを申請すれば、裁判所は受理と審査に時間をかけることになります。
それだけ裁判が長引くことになり、過払い金を支払う期限を延ばすことができます。
過払い金請求の全盛期には、支払いが大きな負担になっていたので、事業を続けるために少しでも先延ばしする必要があったのです。
アイフル審査他社借り入れ